| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

カーロ家のジイさん!

親父と俺

この赤ん坊が、今日で50歳になった。

オレがガキの頃、50歳といえばジイさん扱いだった。

よって、今日からオレもカーロ家のジイさんだ、ワハハハハ。


| 夫の記念日 | 15:19 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ありがとね!

昨日は私の誕生日だった。
カーロ 174
妻と娘がケーキを作ってお祝いしてくれた。
ありがとね、おいしかったよ。

カーロ 175
カーロはお祝いよりケーキの方が気になる。
正直でよろしい。

| 夫の記念日 | 16:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あの頃!

彼は釣りから帰った父のクーラーを開けるのが楽しみだった。
中にはいつも大きなアジやタイやイサキが入っていた。
「たくさん釣れたね。」と言うと、普段は無口で怖い父が笑顔を見せた。

自然と彼も釣りを始めた。
竹を切って釣竿にし、近くの池で糸やハリを拾って仕掛けを作った。
粗末な道具だったけど、フナやハエが結構釣れた。

ある日、父がお古の投げ竿とリールをくれた。
彼は胸躍らせて、初めて海に釣りに行った。
小さなキスやコチやハゼしか釣れなかったけど、彼はとても嬉しかった。
嬉しくて嬉しくて仕方なかった。

彼は真冬でも暗いうちから自転車に乗って海に通った。
木枯らしが吹き荒び、手足の指先や耳は寒さで切れるほど痛かった。
釣りから帰ると母が団子汁を作ってくれた。
冷えた体には最高のご馳走、あの団子汁の味は今も忘れられない。

父の竿を無断で持ち出し、電車に乗って釣りに出掛けたこともあった。
帰ると父が鬼の形相で仁王立ち、思い切りブン殴られたっけ。
それでも懲りずに彼は釣りを続けた。

そして月日は流れ、彼は今日で48歳になった。
やってることはあの頃とちっとも変わっていないのである。

| 夫の記念日 | 17:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いつの間にか!

47歳になった。

カーロ 025 カーロ 045

妻からビールグラスのプレゼントを貰った。
この夜のビールは格別の味だった。
また、欲しい釣り道具があったらと臨時のお小遣いも貰った。

カーロ 032 カーロ 037

娘からは手作りのチーズケーキ。
父さん、本当に嬉しかった。とても美味しかったよ。

カーロ 029 カーロ 039

娘からもう一つ、お祝いの大きなメッセージカード。
カーロもお祝いしてくれるのか?彼はそれどころではないようだ。

みんな、ありがとう。
父さん、これからも頑張るからね。

| 夫の記念日 | 11:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |