2014年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さらば、クロ!(永遠の別離)

CIMG0812.jpg
在りし日のクロ、当時13歳。

オレが働く職場、通称「山」のボス犬・クロが、3月29日(土)に旅立った。
享年15歳。

2月24日、クロの腹が妙に大きいのに気付く。
腹水が溜まっているのでは・・・・・悪い予感がした。
腹は日を追うごとに膨らみ、クロも辛そうである。

山で暮らすクロは、飼い犬の要素も持った野犬と表現したら良いだろうか。
全盛期は20頭以上の群れを率いたボス犬である。
この頃のクロは獰猛な野犬であり、当時のクロを知る保健所の方に聞くと、
体は決して大きくないが、とにかく威厳があって本当に怖かったとのこと。
クロに飼い犬の要素が加わったのは、通報によってクロを含む群れの全て
が一斉捕獲された際、先代の社長が懇願して解放された頃からである。
ちなみに、クロと共に解放されたのが、子犬だった「ふう・コロ・ゴエモン」の
山のメンバーである。

つまり、野犬として育ったクロは、当然ながら病院というものを知らない。
フィラリアには当然罹っているだろうし、他の病気などもあるだろう。
厳しい環境下で、15年も生きたのは奇跡に近い。このまま自然に任せて
逝かせるべきではないか。一方で、最善とまではいかないにしても、一度
くらいは治療しても良いのではないか。オレはどうすべきか、迷っていた。

オレが場内点検の為に歩き出すと、いつものように自分の仕事とばかりに
大きな腹でヨロヨロ付いて来る、クロの姿を見て決心した。

病院に相談してみよう。

≫ Read More

スポンサーサイト

| 山の番犬 | 15:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

8歳になったよ!

3月14日(金)午前2時過ぎ、カーロの誕生日に大きな地震が発生した。
2Fで爆睡中だったオレも目が覚めた。
部屋が激しく横揺れ、これは南海地震か?と一瞬思ったが、間もなく揺れ
も収まった。1Fに下りると、カーロを抱っこした妻と娘が強張った表情で
動揺していた。
早速、NHKの地震速報を確認する。M6.2、大分市内は震度4であった。
南海地震ではなさそうなので、オレは心配せんでよいと言って再び寝た。
階段を上がる途中、娘に「ちゃんとフトンを被って寝るんだよ。」と言われた。
オレは子供か!

で、カーロ8歳、おめでとな!
IMG_0300.jpg
お姉ちゃんの手作りケーキ、美味しかったろ。

IMG_0110.jpg
顔も白い毛が目立つけど、それは父さんの髪も一緒だよ。

この1年も元気に過ごしておくれ、お前のことを大切に思っているぞ。

| カーロの誕生日 | 14:54 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

2014年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。