FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

共に歩む!

凄まじい闘病だった、最初の移植。
破裂骨折した背骨の手術もあった。
妻はそれを乗り越えて、約10年という
平穏な時間を自分の力で勝ち取った。

再発後の2回目の移植。
医学の進歩は驚くばかりだった。
最初の移植時を知る私にとっては、
同じ治療とは思えない穏やかさだった。
勿論、妻は大変なはずで、傍観者の
ようで申し訳けなく思う。

2回目の移植から5年。
今、妻は3回目の治療中である。
移植は当初から2回と決められていたので、
今回は新薬を組み合わせた、経口投与が
主な治療である。
現在は新薬の副作用に備えて入院中だが、
6月中には退院の見込み。
退院後は外来で治療継続とのこと。
入院しなくとも治療可能な時代が来た。
更なる進化を遂げた医学、そう実感する。

先生にも感謝している。
退院して普通の暮らしをしている間は、極力
最小限度の薬のみとの方針を守ってくれた。
だから、本番の治療では効果的に効くんです。
先生は何度もそう言った。
理詰めの先生と理詰めじゃない妻(笑)。
時として話しが噛み合わず、仲裁役となる私
だが、意外と良いコンビにも思える(笑)。

罹ったものはどうしようもない。
先生を信頼して、治療を続けよう。
例え、その病が原因だったとしても
この歳まで生きられたなら納得出来る。
そんな時間を過ごして行こう。
そう、妻と話しをして来た。
これからも、妻と私は共に歩んで行く。

| 父のつぶやき | 20:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT